滅菌・殺菌・除菌・抗菌の違い

滅菌

効果:あらゆる菌を殺す
定義:菌や微生物ウィルスを残量が100万分の1になること
手段:電磁波や放射線、高圧や高熱で
順位:1(強い)
使用例:病院での手術器具、注射など

殺菌

効果:特定の菌を殺す
定義:数が減る、特定の1種類の菌が減る、1割の減少でも殺菌とする
注意事項:薬機法によって効果が認められた医薬品または医学部外品にしか使用不可
順位:2
使用例:薬用石鹸、市販薬、コンタクトレンズ装着液

除菌

効果:特定の菌を殺す
定義:殺菌と同様の効果があっても医薬部外品以外のため除菌とする
注意事項:薬機法によって効果が認められた医薬品または医学部外品にしか使用不可
順位:3
使用例:食器用洗剤、アルコールスプレー、清拭用クロス

抗菌

効果:菌の増殖を抑制する
定義:菌減少量など数値による定義なし
順位:4
使用例:便座、靴下、台所用スポンジなどのキッチン用品、バスルーム用品、おもちゃ

消毒

効果:菌の活動を弱める
定義:人体に有害な物質を除去または無害化すること
(病原体の感染力を不活性化したり、危険でない状態まで弱らせること)
手段:薬物消毒、煮沸消毒、日光消毒、紫外線消毒、焼却消毒など
順位:2(無害化)
使用例:怪我、保存容器、ふきん、布団など