植物のチカラについての知識

天然成分とは?

昔から人々はハーブや薬草などを使用して、細菌から身を守ってきました。私たちが施工に使用しているバクタクリーンは、まさに植物のチカラを利用してできています。
天然成分配合と聞いても、ピンとこない方に植物のチカラについてご紹介します。

除菌・抗菌作用のある植物

クスノキ

衣類の防虫に使われる樟脳や、トイレの防虫、防臭剤などに使われる片脳油が取れる。

シソ[紫蘇]

殺菌作用がある。シソ科の植物は、除虫や殺菌作用がある。ものが多い。

チョウジ

抗菌作用、除虫作用がある。 チョウジ「丁子・丁字」は蕾を乾燥させたものです。消化促進・駆風に用いられ、防腐作用もあります。スパイスとして有名で、クローブの名前で流通しています。 

ドクダミ

殺菌・抗菌作用がある。乾燥させると匂いも減るが、効果も減る。悪臭のする生葉を火であぶり、腫れ物などに外用します。乾燥させた葉「十薬」は臭みが消え、便秘や高血圧の予防に煎じてお茶代わりに用います。

ナンテン[南天]

生の葉は防腐・殺菌作用を持つ成分を含んでいる。お祝いで赤飯を他家へ配るとき、ナンテンの葉をのあしらう風習があります。これは「難を転じる」の語呂合わせで、実は生の葉には防腐・殺菌作用を持つ成分が含まれています。

ヒノキ

精油はヒノキチオ-ルを含み、殺菌作用がある。日本特産種の常緑高木。針葉樹で、材木として最も多く栽培される一種です。内樹皮の繊維の槙皮を船や木製の風呂桶の詰め物としました。精油にはヒノキチオ-ルが含まれ、香料や皮膚病・口内炎などに外用されます。

ラベンダー

蛾に除虫効果がある。殺菌効果消毒作用などもあり、古くから治療などにも用いられていた。 抽出された精油は、香水・オーデコロン・入浴剤などの香料として用いられます。学名のLavandulaは、「洗う」の意味で、ヨーロッパでは葉や花を浴湯料として、リウマチ・腰痛などに用いられています。

ローズマリー

樟脳と同じ成分が含まれており、除虫効果がある。衣装ケースなどに、オイルを使って作成した匂い袋(サシェ)を入れ、虫よけに使用する。 地中海沿岸原産の常緑低木。料理などに用いられますが、芳香のある精油はロスマリン油の名で、皮膚病の治療に用いられていました。 

その他 防虫・防腐作用のある植物

ユズリハ

樹皮・葉を煎じ、犬や猫の駆虫剤として外用された。

ホップ

ビールの苦味と防腐に利用されている。

ペニーローヤルミント

除虫効果があり、ドライにしてペットのノミよけや消臭などに使われる。

ヒガンバナ

地下茎に毒があるため、ねずみやモグラを防ぐ。あぜ道などに植えられていた。

バジル

葉の強い芳香は蚊よけの効果がある。

タイム(タチジャコウソウ)

蚊や蝿、ダニなどに除虫効果がある。殺菌や防腐作用もあり、古来よりソーセージや肉の保存に利用された。南ヨーロッパ原産の香料植物で、タイムと呼ばれ主にハムやソースに用いられます。殺菌作用が強いので、食品の防腐剤としても利用されています。 

コショウ[胡椒]

防腐作用がある。肉の防腐や防臭に利用され、古来ヨーロッパでは、高値で取引された。

シロバナムシヨケギク(除虫菊)

殺虫作用がある。花にピレトリンという成分が含まれ、殺虫剤や蚊取線香の原料となります。戦前まで盛んに栽培・生産されましたが、合成品の出現により激減した植物です。 

セージ

肉の防腐作用、臭みを取るなどの効果を持つ。ソーセージに用いられている。

ゼラニウム

蝿などに除虫効果がある。

チャイブ

アサツキの仲間。アブラムシを忌避する。

トウガラシ[唐辛子]

防虫、防腐作用がある。乾燥させた赤唐辛子を米びつに入れ、虫よけに使用した。キムチはこの防腐作用を利用している。